​フライトオペレーター講習

2019.1.1 国土交通省HP掲載!

座学(eラーニング)と実技1日で「DRONEフライトオペレーター」の取得を目指すコースです。​国土交通省より定められた「無人航空機の操縦技能に係わる講習カリキュラム」を基準として実施します。

座学(eラーニング)と実技1日の日程で「DRONEフライトオペレーター」の取得を目指します。

eラーニングでは動画学習をベースに法律・ルールや申請方法・撮影設定・安全運航管理・運用方法など各項目を専門分野の講師がわかりやすく丁寧にレクチャーいたします。
好きな場所、好きな時間にドローンの運用に必要なノウハウを学習することが可能です(最後に学科テストがあります)。

実技はドローンの操縦をインストラクターに学び、最後に操縦技能確認の実技テストを行います。

合格基準を満たせば後日操縦技能証明証を発行いたします。

年間全国包括申請やドローン操縦訓練、フォローアップまで含んだコースであれば

『人材開発支援助成金』を活用することが可能です。

厚生労働省 人材開発支援助成金https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

20190612-Vol,2 - コピー.jpg

​またドローンの業務活用を検討されている事業者様においては『人材開発支援助成金』が活用できます。

★フライトオペレーター講習

​​【一般コース】​​

​​基礎知識(eラーニング)+操縦技能(実技)

​ ※eラーニングは実技受講日までに受講下さい

◆時間

 実技: 9:00〜17:00

◆受講費

 71,500円(税抜価格65,000円)

 ※操縦技能証明証 発行費込み

◆再検定費 

  11,000円(税抜価格10,000円)

人材開発支援助成金対象!

​​【包括申請コース】

  操縦訓練+一般コース+年間全国包括申請

  +フォローアップ​

◆操縦訓練

​ 10時間担保

◆受講費

 275,000(税抜価格250,000円)

​ ※再検定費(11,000円)は別途

​フライトオペレーター講習

座学 eラーニング  

実技         

※以降の日程はお問い合わせ下さい

「DRONEフライトオペレーター講習」とは

DRONEフライトオペレーター講習は、官公庁からの要請で形成されました。主に京都府職員などの官公庁向けに実施し、好評を頂いて いたこの講習会のカリキュラムを再構築し、一般の方にも受講していただけるように致しました。DRONEフライトオペレーター講習は 国土交通省より定められた「無人航空機の操縦技能に係わる講習カリキュラム」を基準とし実施します。DRONEフライトオペレーター 講習を受講するということは国土交通省が規定する基本的なドローンの操縦技能を習得するということです。

bf07f3_7c9163793c1c4e45bb23f5911cc2756d.
bf07f3_089f1f1a01a24f4b83d1fe57df4ae29c~
dts_logo.jpg
000235531.gif

© 2018 by DRONE PLUS