ライオンズクラブ335-B地区 友ヶ島清掃活動 撮影



2021年12月2日

ライオンズクラブ335-B地区の友ヶ島清掃活動に同行し、撮影いたしました。


友ヶ島(ともがしま)は、和歌山県和歌山市加太に属し、紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ無人島群で、明治時代に大日本帝国陸軍により、外国艦隊の大阪湾への進入を防ぐ目的で、沖ノ島内5箇所と虎島に砲台や防備衛所が造られました。

現存する廃墟から「まるでアニメの世界!」と注目を浴びているのですが、ここ友ヶ島には大量のゴミが漂着しており、そのほとんどが大阪からのゴミと言われています。


そのゴミをライオンズクラブ335-B地区に所属する方々がボランティアで毎年清掃されています。

今年は300名弱の方が参加されました。


友ヶ島がキレイなままでいられるように、私たちの日ごろの行動も大切ですね。


活動映像は近々公開いたします。

⇒映像出来上がりました!

特集記事
最新記事