top of page
ニ等実技試験解説 - frame at 2m27s_edited.jpg

国家資格

国家資格〔無人航空機操縦者技能証明〕とは

無人航空機の飛行の安全を確保しつつ、社会利用を促進するために国が定めた資格で、2022年12月5日から始まりました。

規制対象となる空域・方法(特定飛行)にて飛行させる際に必要な資格で、学科試験、実地試験、身体検査をクリアした方に技能証明書(免許)が交付されます。

免許.png

出典:国土交通省

​区分は2種類。一等無人航空機操縦士二等無人航空機操縦士

​一等無人航空機操縦士は、立入管理措置を講じないで、第三者上空における特定飛行を行う際に必要です。

​二等無人航空機操縦士は、立入管理措置を講じた上で、特定飛行を行う際に必要です。

一等無人航空機操縦士

一等飛行.jpg

出典:国土交通省

二等無人航空機操縦士

二等飛行.jpg

出典:国土交通省

取得方法は2種類。登録講習機関(スクール)を活用するか、指定試験機関で直接試験を受けるか。

登録講習機関の講習には、初めてドローンを操縦する方対象の「初学者コース」と操縦経験者対象の「経験者コース」があり、経験者コースは講習の一部が免除されます。

​また、登録講習機関(スクール)の講習修了者は指定試験機関での実地試験が免除され、国は登録講習機関(スクール)での講習受講を推奨しています。

登録講習機関

登録講習機関

出典:国土交通省

​指定試験機関

指定試験機関.png

出典:国土交通省

ドローンプラスで受講できる無人航空機講習は、一等無人航空機操縦士講習二等無人航空機操縦士講習​で、限定変更(目視内飛行、昼間飛行)も可能です(25kg未満に限る)。

※限定変更(目視内飛行)・・・目視外飛行可能とする場合に必要

 限定変更(昼間飛行) ・・・夜間飛行可能とする場合に必要

なお、講習は、国が採用したオーバーライド受講者と講師の操縦機が無線でつながっており、受講者の操縦中でも講師が代わりに操縦できる機能)で行いますので、安心して受講頂けます。

IMG_1312_5-1.jpg

※「人材開発支援助成金」は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成し、返済不要の制度です。

人材開発支援助成金についての詳細は厚生労働省ホームページをご参照ください。

​ 厚生労働省 人材開発支援助成金ホームページ

国家資格〔無人航空機操縦者技能証明〕とは

無人航空機の飛行の安全を確保しつつ、社会利用を促進するために国が定めた資格で、2022年12月5日から始まりました。

規制対象となる空域・方法(特定飛行)にて飛行させる際に必要な資格で、学科試験、実地試験、身体検査をクリアした方に技能証明書(免許)が交付されます。

免許.png

出典:国土交通省

​区分は2種類。一等無人航空機操縦士二等無人航空機操縦士

​一等無人航空機操縦士は、立入管理措置を講じないで、第三者上空における特定飛行を行う際に必要です。

​二等無人航空機操縦士は、立入管理措置を講じた上で、特定飛行を行う際に必要です。

一等無人航空機操縦士

一等飛行.jpg

出典:国土交通省

二等無人航空機操縦士

二等飛行.jpg

出典:国土交通省

取得方法は2種類。登録講習機関(スクール)を活用するか、指定試験機関で直接試験を受けるか。

登録講習機関の講習には、初めてドローンを操縦する方対象の「初学者コース」と操縦経験者対象の「経験者コース」があり、経験者コースは講習の一部が免除されます。

​また、登録講習機関(スクール)の講習修了者は指定試験機関での実地試験が免除され、国は登録講習機関(スクール)での講習受講を推奨しています。

登録講習機関

登録講習機関

出典:国土交通省

​指定試験機関

指定試験機関.png

出典:国土交通省

ドローンプラスで受講できる無人航空機講習は、一等無人航空機操縦士講習二等無人航空機操縦士講習​で、限定変更(目視内飛行、昼間飛行)も可能です(25kg未満に限る)。

※限定変更(目視内飛行)・・・目視外飛行可能とする場合に必要

 限定変更(昼間飛行) ・・・夜間飛行可能とする場合に必要

なお、講習は、国が採用したオーバーライド受講者と講師の操縦機が無線でつながっており、受講者の操縦中でも講師が代わりに操縦できる機能)で行いますので、安心して受講頂けます。

IMG_1312_5-1.jpg

また、当校では人材開発支援助成金制度人材育成支援コース、事業展開等リスキリング支援コースをご活用頂けます。

制度を活用頂ければ、社員のライセンス取得にかかる費用負担を軽減することができます。

【助成金額】 中小企業 雇用保険被保険者(有期契約労働者等を除 く)の場合

​  人材育成支援コース 

    経費助成〔受講料総額の451人あたり賃金助成760円/時間〕

  事業展開等リスキング支援コース

​    経費助成〔受講料総額の60%1人あたり賃金助成960円/時間〕

※「人材開発支援助成金」は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成し、返済不要の制度です。

人材開発支援助成金についての詳細は厚生労働省ホームページをご参照ください。

​ 厚生労働省 人材開発支援助成金ホームページ

助成金

登録講習機関(スクール)を活用する場合

​直接試験を受ける場合

​登録講習機関(ドローンプラス)

学科講習

実地講習

修了審査

無人航空機講習修了証明書 発行 

​無人航空機操縦者技能証明証【一等/二等】 交付

実地試験免除!

※技能証明申請者番号は、事前に必ず取得してください。
登録講習機関事務所コードにはT0135001を入力下さい。

  登録講習機関名:株式会社ドローンプラス​

  登録講習機関事務所名称:大阪府無人航空機ライセンスセンター

  登録講習機関コード:T0135

  講習区分:一等無人航空機操縦士講習、二等無人航空機操縦士講習​

  登録番号:国空無機256255号、国空無機256256号

  限定変更:目視内飛行、昼間飛行 対応

※登録講習機関とは、無人航空機操縦者技能証明書を取得しようとする方々に対し、無人航空機の飛行に必要な知識及び能力の付与するため、国が定める施設及び設備、講師等に係る要件を満たした民間事業者を指します。

bottom of page