top of page
IMG_1305_7.JPG

民間資格

無人航空機操縦技能認定

国土交通省ホームページ掲載講習団体である当校の講習会は、航空局が定める「無人航空機の操縦技能に係る講習カリキュラム」に沿った内容で、ドローンを操作する上で必要な基礎知識や正しい運用ルール、必要な操縦方法を学ぶことが出来ます。​

 

航空局 無人航空機飛行マニュアル2-1〔基本的な操縦〕、2-2〔業務を実施するために必要な操縦技量の習得​〕に準拠しており、国家資格取得の近道となり得る講習内容です。

さらに、ドローンプラスでは「撮影する」ことに重点を置き「現場で使える操縦士を育てる」ことを心掛けています。

座学、実技検定試験に合格し、飛行時間10時間を証明できた方には国土交通省への許可及び承認申請に活用できる「技能認証」を発行いたします。

また、当校では人材開発支援助成金制度人材育成支援コースをご利用頂けます。

制度を活用頂ければ、社員のライセンス取得にかかる費用負担を軽減することができます。

【助成金額】

   中小企業 雇用保険被保険者(有期契約労働者等を除 く)の場合

​      経費助成〔受講料総額の451人あたり賃金助成760円/時間〕

※「人材開発支援助成金」は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成し、返済不要の制度です。

人材開発支援助成金についての詳細は厚生労働省ホームページをご参照ください。

​ 厚生労働省 人材開発支援助成金ホームページ

◆​日数

​  3間(座学1日+実技2日)

◆時間

 9:30~17:00(予定)

 1日目:座学

 2日目:実技

 3日目:実技

※実技1日目

(主に国土交通省 飛行マニュアル 2-1「基本的操縦技量の習得」、2-2「業務を実施するために必要な操縦技量の習得」)

​ 実技2日目(主に目視外飛行、夜間飛行)

IMG_0786_edited.jpg

◆会場

 学科 大阪市内

​ 実技 大阪市内

◆講習方法

 オーバーライド対応

​ ATTIモードあり

◆受講費

  132,000円(税抜120,000円)​

​​   操縦技能証明証発行費込

◆再検定費

​  11,000円(税抜10,000円)

DSC_1888_7_edited.jpg

※参加要件
■ 満16歳以上(16歳~17歳は親権者の同意が必要)
■両眼で0.7以上、かつ片目で0.3以上(矯正可)
■赤・青・黄色の3色が識別できる
■日常の会話を聴取できる
■ドローンの操縦に支障を及ぼす身体障害がない
■普通の読み書きができ、その内容を理解できる

アンカー 1
bottom of page